ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

少しずつ温かくなってきました。
この時期になると、日本の学校では、新学年が4月から始まり3月で終わるため、3月は卒業式、そして4月は新しい生活のスタートでもあり、改めて一年頑張ろうと感じる時期でもあります。
皆さんは春といえば、どんな思い出がありますか?

桜

春と言えば桜の季節、美しい日本らしい風景が楽しみですね。桜を楽しみに遥々海外から日本にいらっしゃる方も多いのではないかと思います。私達のホテルでもこの時期は海外のお客様が非常に多くなり、桜の人気を感じる時期です。

桜と言えば、日本を象徴する木・花とイメージがありますが、意外にも桜の原産地はヒマラヤ近郊と考えられているそうです。

日本で「桜」といえば、ソメイヨシノという品種が代表格にあげられます。これは明治の中頃より、サクラの中で圧倒的に多く植えられた品種であり、今日、メディアなどで「桜が開花した」というときも「桜」はソメイヨシノを意味しているようです。

桜

ソメイヨシノという名前の由来~ソメイとは村の名前だった~

ここで少しソメイヨシノについてスタッフが調べてみました。まず名前の由来ですが、「ソメイ」とは「染井村」という村の名前から付けられたそうです。「染井村」は現在の東京都豊島区駒込の辺りに江戸時代から明治時代に存在していた村だそうです。染井村には、伊勢津藩(現在の三重県津市の辺り)藤堂家の植木職人や造園主が多く住んでいて、桜を育て、売っていたとのこと。

始めのころは、その桜は古来より桜が有名な吉野山(現在の奈良県の山岳部)にちなんで「吉野桜」と呼ばれていましたが、後に吉野桜とは異なる品種であることが調査により判明したため、混同を恐れ「染井吉野」と命名されたそうです。日本の桜の品種は非常に多いのですが、大きく分けると、山野に自生する野生の「山桜」と品種改良された「里桜」に分けることができます。そして、吉野山の吉野桜が山桜なのに対し、染井吉野は里桜だったそうです。

桜

和歌

折角お花見をするのでしたら、是非、桜をうたった和歌と一緒に楽しまれてはいかがでしょうか。 百人一首の中には、こんな歌があります。

「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」(作 紀友則 / きのとものり)

この歌は、「大空の日の光のゆったりした春の日であるのに、なぜ桜の花はそわそわとせわしなく散るのでしょう」という意味で、日本の美しい風景を歌った歌ですね。

またこんな歌もあります。

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」(作 小野小町 / おののこまち)

この歌は、「桜の花の色は色褪せてしまった。咲いた甲斐も無く、長雨が続いた為に、賞賛する間もなく…。空しい恋の想いに明けくれている間に、私の美貌がこの桜のように色褪せてしまったように…。」という意味で、日本では非常に有名な歌で、桜と自分の美貌の衰えを重ねあわせた女性らしい歌です。和歌に詳しくない方でも、日本人ならきっと一度は耳にした事がある有名な和歌ではないでしょうか。

和歌とは、中国の歌である漢詩に対する日本の歌を意味しており、昔は「倭歌」とも書いたようです。和歌を集めた和歌集の「万葉集」もとても有名ですね。また、平安時代以降は、主に「五七五七七」を原則とする短歌のことを和歌というようになったそうですよ。

桜

お花見人気スポット

千鳥ヶ淵公園 千鳥ヶ淵自体もお花見の名所として、とても有名なポイントです。また、そこから少し歩けば「北の丸公園」、「千鳥ヶ淵公園」、「外濠公園」、「靖国神社」などにも足をのばすことが出来ます。お花見スポットとしては人気のため、とても混んで入場制限がかかることもあります。おすすめの下車駅は国立劇場の出口にもあたる地下鉄半蔵門駅です。半蔵門駅の場合、千鳥ヶ淵には徒歩で5分の距離で、皇居のお堀端をのんびり歩くことができるので、天気の良いは、気持ち良くお散歩できます。そのまま靖国神社に向かってお花見をしてもいいですね。
千鳥ヶ淵縁道は約700m。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、八重桜など約260本の桜が、皇居のお堀端に沿うように咲き誇り、桜のトンネルの中を歩いているような気分になります。天気の良い暖かな昼の時間も良いですが、ライトアップされた夜桜もおすすめです。

靖国神社 千鳥ヶ淵公園近くの、靖国神社もお花見には人気のスポットです。例年「桜まつり」を行っており、演奏や踊りなどのステージイベントや、プレゼントがあたるゲーム大会、また様々なものが販売されるなど盛り上がるイベントです。例年3日間程度の期間限定で行われるため、気になる方は、是非ホテルスタッフまでお声掛け下さい。

神田明神 最後にご紹介させていただくのは、神田明神。ホテル龍名館お茶の水本店より歩いていける神社で、こちらも人気のお花見スポットです。神田明神は5月になると江戸の3大祭り「神田祭」も開催される地元の枠を超えて有名な神社です。神社の荘厳な雰囲気と桜がマッチして、とても日本らしい光景をご覧いただけます。

桜

皆さんは、お花見はどこに行かれますか?
地元の仲間が集まる場所、また少し遠出して名所を観に行くなど、春の桜の楽しみ方はひとそれぞれですね。お酒の飲みすぎはくれぐれもお気をつけください。

2015年3月31日