ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

2月は節分の季節。
「鬼はー外、福はー内」
各家庭など様々な所で威勢のいい掛け声と共に豆まきが行われます。私も子どもの頃は水泳教室で豆をもらい欲張って年の数以上に食べていました。家に帰ると兄達と掃除のことなど一切考えず思いきり豆をばらまいていました。豆の食べ過ぎで夕飯はあまり食べられないし、家の中で豆をばらまくし、今思えば母としてはなかなか大変な一日だったと思います。

節分

節分は年に4回

さて、節分は本来、年に4回あるのをご存知ですか?節分とは文字通り、季「節」の「分」かれ目を意味します。そのため節分とは立春、立夏、立秋、立冬の前日にあるのです。旧暦では立春が1年の始まりだと考えられ特に重んじられていたので、次第に節分といえば春の節分を指すようになりました。立春が1年のはじめだとすると、その前日にあたる節分は大晦日。

節分の豆まきとは、元々1年の最後の日に厄払いをする大切な行事だったのです。豆を食べる理由としては、火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年齢の数だけ身体に取り入れることで"次の年も健康で幸せに過ごせますように"と願いを込めたものだそうです。また、年齢の数食べる家庭もあれば、数え年で1つ多めに食べる家庭もありますが、これも、"次の年"が健康で幸せに過ごせますように、という願いが込められているためだと言われています。

節分

なぜ節分には豆をまくの?

豆には「魔滅(まめ)」、「魔」を「滅」する力があると信じられているからです。昔々、京都の鞍馬山に鬼が出た時、毘沙門天様のお告げにより、大豆を鬼の目に投げて退治したという話も残っています。さらには、まめまめしく働けるほど丈夫でありますようにという願いも込められています。

一説によると、鬼の色にも意味があるようです。色によって人間の正すべき感情を表現しています。例えば、赤は「貪欲」、青は「怒り」、黒は「愚痴」、黄は「甘え」、緑は「おごり」を表すようです。実際に、新潟県三条市では60年以上前から毎年、5色の鬼に豆を投げつけて退散させる行事が行われています。鬼の色が示す感情を理解していると、豆を投げる手により一層の力が入りそうですね。

節分

恵方巻き

節分には恵方巻きを食べる習慣もあります。
恵方巻きとは福を巻き込む太巻きのことで、もともとは江戸時代末期に関西で始まった風習でした。まるまる1本を無言で食べきるのが決まりです。切らないのは「縁を切らない」ように、しゃべらないのは「福を逃がさない」ようにするためです。福徳を司る神様がいらっしゃる2015年の恵方は西南西です。全員で同じ方向を向いて無言で食べている様子はどこか滑稽で笑ってしまいそうになりますが、達成できるでしょうか。笑ってしまっても「笑う門には福来たる」という諺もあります。

恵方巻き

龍名館スタッフの節分エピソード

実際の日本の家庭ではどのようにしているのでしょうか。今回は当ホテルのスタッフに色々なエピソードを聞いてきましたのでご紹介します。

■龍名館5代目社長浜田敏男
「自分が子供の頃は木造の旅館であったが、両腕で抱えるぐらい大きな桶に大量の豆を入れて、全室を周り、各部屋の窓を開けて大声で叫びながら投げていた。当時はお客様がいる部屋にもお構いなしで入り、お客様自身にも抵抗がなかったため、『節分なので入りますね~』と言って豆をまいていた記憶がある。」

■茨城県出身20代女性
家族と玄関を開けて、外に向かって投げていました。後日、親がほうきで掃いていた。ちなみに「節分いわし」もやっていました。 「節分いわし」とは・・・節分の習慣自体は中国から伝わったものとされているのですが、「鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺したものを玄関に飾る」という節分いわしの風習は近年になってからのようです。主に西日本では鰯を多く食べる習慣がありますが、実はこれは「節分いわし」に由来しているそうです。節分いわしは鰯を焼くと出る煙と臭いで邪気を追い払い、そして柊の針で鬼の眼を刺すという魔よけの意味があるそうです。

■長野県出身30代女性
子供の頃はまかなかった。結婚してから日本文化を大切にしようと、家の中と外にまいています。

■静岡県出身 40代男性
団地に住んでいたが、3階の窓からまいていた。家の中は片付けるのが大変なので、外は大量に、中にはほどほどにまいていました。

■東京都出身 70代男性
意外とウチはやっていなかった・・・。

■東京都出身 30代女性
ウチは母が日本の風習を大切にする人だったので仕切りをやっていていました。全部屋の窓からはもちろん投げますが、窓が無いお風呂やトイレについては換気扇に投げたりしていました。

■埼玉県出身 30代女性
給食で出された思い出があります。保育園に行っていた時は鬼役を決めて、みんなで投げつけて遊んでいました。

■福島県出身 20代女性
全部の部屋の窓から投げていました。また「福は内」のためトイレや階段含めて、あらゆるところに豆を少しずつ置いていたので、その日は家中豆だらけです。家族全員自主的に豆を買ってきていたので、皆でおススメの豆の話などしていた記憶があります。

■埼玉県出身 50代男性
父が大声でまいていた記憶があります。

家庭それぞれの「節分」がありますね。
たくさんの福が訪れる節分になりますように。

2015年2月3日