ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

「♪笹の葉 さらさら 軒端に揺れる  お星さまきらきら きんぎん砂子 五色の短冊 わたしが書いた お星さまきらきら 空からみてる」
誰もが耳にしたことのある、七夕の定番の歌ですよね。今回は日本の伝統行事でもある”七夕(たなばた)”をご紹介したいと思います。

七夕の天の川

七夕の由来

七夕と聞くと、一般的に知られているのは「彦星」と「織姫」が、1年に1度だけ天の川で会うことができ、この日にちなんで願いごとを書いた短冊を笹の葉につるし、星にお祈りをすることだと思います。また、その日に雨が降ると織姫は彦星に会いに行けない…なんて話を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。
元々は奈良時代に中国から伝わった文化であるとされており、「牽牛星(和名:彦星)」と「織女星(和名:織姫)」の伝説と、手芸や芸能の上達を祈願する中国の習俗「乞巧奠(きつこうでん)」が結びつけられ、そこから日本固有の行事になったとされています。

日本では七夕は7月7日です(月遅れの8月7日に行われる地域もあります)。
それはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったと言われております。(※諸説あり)
また現在のように笹竹に短冊をつるして願い事をするようになったのは、江戸時代からで、手習いごとをする人や、寺子屋で学ぶ子が増えたことから、星に上達を願うようになったのです。


短冊や笹飾りの意味

短冊には、願いごとや「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書いて下げます。 七夕の歌にも出て来る「五色(ごしき)」というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」の五色のことです。陰陽五行説とは、古代中国の「木、火、土、金、水」の五つの要素が、この世のものすべての根源であるという説で、「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」を表しています。

また、笹に飾られる七夕飾りにはそれぞれ以下の様な意味が込められています。 吹き流し:織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。紙風船かくす玉に五色の紙テープを適当な長さに切って貼りつけます。
網飾り:魚を捕る網を表しています。豊年豊作大漁の願いを込めて飾ります。
折鶴(千羽鶴):長寿を願い、長寿のシンボルである鶴を折り紙で折ります。
神衣(かみこ):紙の人形(着物)を飾ると、裁縫が上達し、着るものに困らなくなるといわれています。災いを人形に移すという意味もあります。
財布(巾着):金運上昇を願い、折り紙で折ったり、本物の財布を下げたりします。
くずかご:ものを粗末にしないという意味で、七夕飾りを作る時に出た紙くずを、折り紙のかごに入れてつるします。

由来を知って飾り付けてみると、また楽しくなるかもしれません。

ホテル龍名館お茶の水本店の短冊

七夕祭りのご紹介

そんな七夕ですが、日本では仙台の七夕祭りが有名ですね。
毎年新に手作りされる豪華絢爛な笹飾りは迫力があり、その1つ1つが鮮やかで、見る人を魅了させます。
当ホテルの近くでございますと、JR阿佐ヶ谷駅付近で行われる阿佐ヶ谷七夕まつりがお勧めです。こちらはアーケードの入口に巨大なくす玉飾りが設置され、またアーケード内には、各商店の手作りである人気キャラクターの巨大な張りぼても名物で、昭和29年から毎年賑わっています。
ちなみに、阿佐ヶ谷と言えば「うさぎや」のどら焼きも有名です。こちらもオススメですので、阿佐ヶ谷に行かれる際には是非お立ち寄りください。
≪当ホテルから阿佐ヶ谷方面へのアクセス≫
JRお茶の水駅から中央線または総武線の各駅停車
(高尾・三鷹方面)に乗りましたら、20分前後で到着です。

当ホテルからは少し距離がありますが、平塚で行われます湘南ひらつか七夕祭りも 日本三大七夕祭りとして有名でございます。 日本の伝統的な七夕祭りに是非ご参加されてみてはいかがでしょうか。

阿佐ヶ谷の七夕まつり

七夕のエピソード~フロントスタッフに聞いてみました~

副支配人 Kさん
「私の家内の実家が仙台で、仙台の七夕祭りに行ったことがあります!吹き流しがカラフルで沢山あって、今でも印象に残っています。」
フロント女性 Hさん
「七夕の時期になると、ついつい空を見上げて星を探します。都心の方では中々沢山の星は見れないですが、七夕の日に星が少しでも見れると嬉しくなります。」
フロント男性 Kさん
「子供のころ、学校行事でキャンプに行った時1度だけ天の川を見ました。灯りも全くない山奥だったため、星が迫ってくるかと思うほどの迫力だったのを覚えています。昔の人が川と表現したのも納得の迫力でした。」

七夕のそうめん

七夕の行事食

最後に行事食に関してご紹介させていただきます。七夕の行事食は「そうめん」と言われています。
意外にも知られておりませんが、千年も前から七夕の行事食となっていたそうです。 節供に旬のものを食べ、邪気を祓ったり無病息災を願ったりする風習がたくさんありますが、そうめんもそのひとつ。暑さで食欲が減退するこの時期にぴったりで、天の川や織姫の織り糸に見立てることもできます。
皆様も行事食であるそうめんを食べたり、お願いごとを書いた短冊を笹竹につるして七夕を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2015年7月1日