ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

世界でご活躍されるフラワーアーティスト・村松文彦先生監修の元、10月よりお客様のお部屋に生花をアレンジすることとなりました。今回のブログではフラワーアレンジメントレッスンの様子をご紹介させていただきます。

フラワーアレンジメントのレッスン開始

東京も夏が終わり、気候や草花の風情も秋めいて参りました。ホテル龍名館お茶の水本店も「新たな試み」をはじめるべくスタッフも準備に取り掛かっております!
先日は、世界中でご活躍されていらっしゃるフラワーアレンジメント界の巨匠 村松文彦先生を講師に迎えレッスンが行なわれました。 季節の花々や葉物をたくさんお持ちいただき、 初心者ばかりのスタッフへ楽しくレクチャーしてくださいました。

今回は、浅めのお皿に石を敷しいたアレンジ方法です。
それぞれが好きな花を選び、「花」「葉」「実」を使って、思い思いに創作していきます。

フラワーアレンジメントのレッスン

村松先生のレッスンは、初心者にも分かりやすくお花の楽しさを教えてくれます♪
例えばこのピンクッションを、スタッフから「彼岸花に似てますね」と話しがあると・・・
「彼岸花(曼珠沙華)」は土手に咲き誇るイメージが強いのですが、
なぜ土手に植えられたのでしょうか??

彼岸花
​​

[答え]
彼岸花の球根には毒性があり、 土手を掘り穴をあける小動物(もぐら・野ネズミなど)を 避ける為に植えられた。

軽快なトークでレッスンは進み、 初挑戦のスタッフ達もみるみる立派な作品を完成させていきました。

生花りんどう
​​

【季節の花で彩りを ~本物志向のホテルを目指して~】
世界でご活躍されるフラワーアーティスト・村松 文彦先生監修の元、 10月よりお客様のお部屋に生花をアレンジすることとなりました。

記念写真
​​

四季の移り変わりが美しい国、日本。
国内外のお客様に「五感で感じる四季」を味わっていただきたいという思いから、 この度の新たな試みがはじまります。
生花の持つ、風合いや香り。 見るたびにどこか違った顔を覗かせてくれるのも, また魅力です。

生花あじさい
​​

当館のコンシェルジュひとりひとりが、 お花の嗜みを身に付け、 心を込めてアレンジ致します。
ご滞在のひとときに、 季節の彩りを添えてお待ち申し上げております。


【講師紹介】
村松文彦 (むらまつふみひこ)

1951年静岡県生まれ。
シカゴ・アメリカンフローラルアートスクール卒業後、アメリカ・ヨーロッパで修行。
1989年第7回インターフローラ・ワールドカップ優勝。
ヨーロッパ以外で唯一の優勝者。
「内閣総理大臣賞」を3回受賞。(他受賞多数)
1998年冬季長野五輪表彰式用ブーケデザインや2008、2009年漆職人の匠の技を結集した漆製品ブランド「REALJAPAN」での漆の花器デザインにも参加。
世界各国で、作品展示・デモンストレーション・講習会を行う。
>>村松文彦氏の公式ウェブサイトはこちら