ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

龍名館オリジナル 日本酒ケーキ

¥2,000 (税抜 ¥1,852)

龍名館オリジナルの日本酒ケーキ。 焼成後に熟成していき、時間が経てば経つほど味わいが深くなっていきます。
使用している日本酒は当社龍名館オリジナル日本酒「一八九九 特別純米」を使用。
ふわふわの食感と日本酒の優しい芳香とほのかな甘みがお楽しみいただけます。
フランス・スイスで製菓技術を学んだパティシエの堀澤康明氏の監修。

【日本酒一八九九とは?】
龍名館120周年を記念し、弊社利酒師と石川県の蔵元「数馬酒造」が一から仕上げた完全オリジナルの純米酒。香りに優しい甘味があり、米の甘味と旨味が感じられ、軽やかな後味で飲み飽きしない。

時とともに味わい深まる日本酒で仕上げた熟成ケーキ

しっとりふわふわの食感、柔らかな香りがお口の中にひろがります。時間が経つほどに一層深まる日本酒の芳香。上質な大人のスイーツタイムをお愉しみください。
販売は当サイト、または以下の龍名館グループ店舗にて直接お買い求めいただけます。
・ホテル龍名館お茶の水本店(東京都千代田区)
・ホテル龍名館東京(東京都中央区)
・RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU(東京都千代田区)
・花ごよみ東京(ホテル龍名館東京 15階)(東京都中央区)
・紺碧の海(東京都港区)

龍名館おすすめの日本酒ケーキの美味しい食べ方

1.アイスと一緒に日本酒ケーキを楽しむ
シフォンケーキとアイスを組み合わせて召し上がっていただく感覚で日本酒ケーキのふわふわとした食感とアイスの冷たい食感をお愉しみいただけます。日本酒ケーキの芳香を楽しんでいただくためにはシンプルなバニラアイスがオススメです。

2.ドライフルーツと一緒に日本酒ケーキを楽しむ
ドライフルーツは日本酒ケーキの芳香と相性がよく、美味しくお召し上がりいただけます。ドライいちじく、ドライプラムがおすすめ。

3.果物と一緒に日本酒ケーキを楽しむ
ケーキとフルーツの組み合わせは王道の組み合わせですが、日本酒ケーキも相性抜群です。バナナのような甘みがあるもの、オレンジなどの柑橘系の香りが爽やかなものなど、クセのない日本酒ケーキはどんなフルーツとも組み合わせられます。

4.開封後は冷凍して楽しむ
開封後は小分けにしてラップに巻いて冷凍庫へ。 熟成は止まりますが鮮度が保たれ風味が持続します。 糖分があるので凍りにくく少し溶けるくらいの「半溶け」で食べるのをオススメします。

5.オーブンで焼いて楽しむ
アルコールは飛んでしまいますが、熟成した旨味はそのままに香ばしい風味がプラスされます。 ご自宅のトースターでも焼けるので、外はサクっと、中はふんわりとした「ケーキのトースト」をお楽しみい頂けます。

龍名館オリジナル 日本酒ケーキ 商品概要

品 名酒ケーキ
日本酒名一八九九 特別純米
名 称菓子
原材料名鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、日本酒、焼酎
水飴、膨張剤、乳化剤、香料、カロチン色素(原材料の一部に乳、大豆を含む)
アレルギー卵、小麦、乳、大豆
内容量340グラム
賞味期限発送日から約90日。詳細はお届け商品の記載情報をご確認ください。
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
開封後は冷蔵庫に入れお早めにお召し上がりください。
製造者佐藤 裕之
千葉県流山市江戸川台東3-158-4
TEL/FAX 04-7154-5471
販売者株式会社龍名館
東京都千代田区神田駿河台3-4
TEL: 03-3253-2330 FAX: 03-3253-2067
備 考●この商品はアルコール分が1%以上含まれております。
 お子さまや体質に合わない方はご注意ください。
 また、お召し上がり後の自動車運転はしないでください。
●お届け先がご不在で消費期限内にお届けできない場合でも
 返品およびご返金はできません。
●「熟成」について:未開封の状態で時間を置いた場合のことです。
 開封後は冷蔵庫に入れお早めにお召し上がりください。

堀澤康明氏監修の日本酒ケーキ

日本酒ケーキ監修の堀澤康明氏

今回日本酒ケーキの企画にあたり、パティシエである堀澤康明氏に監修いただきました。有名ホテルでシェフパティシエとして腕をふるってきた厳しい目線で、龍名館オリジナルスイーツの企画開発にご協力いただいております。

<<堀澤康明氏プロフィール>>
パティシエ
元日本洋菓子連合組合武蔵野調理師専門学校・新宿調理師専門学校の講師を務める。日本テレビ 3分クッキングにも多数出演。現在は野田ガスのショールーム料理教室の講師を務める。

多くの方に喜んでいただける日本酒ケーキを作りたい
日本酒ケーキは、使用する日本酒の種類によって、味も香りもまったく異なったものになります。日本酒の芳香を活かしながらも、日本酒の風味が強すぎてもいけない。お酒好きな方も、日本酒が苦手な方でもおいしく食べてもらえるようなケーキを目指し、何度も試作を重ねました。また、このケーキの特徴である「熟成による風味の変化」を楽しんでもらうために多くの工夫をしました。

しっとりとした食感
独自の仕込み方法によって、この日本酒ケーキのしっとりとした食感を生み出しています。私自身のフランスでの経験やお客様に喜んでもらう商品を作りたいという思いで現在に至ります。水分量の少ないケーキは切りくずが多く出ますが、この日本酒ケーキは切りくずが出ない点が特徴です。

熟成による風味の変化
この日本酒ケーキは日々熟成します。いつ食べてもおいしいのですが、私のおすすめは十分に熟成させたケーキを食べること。寝かせることでお酒が枯れ、ほのかに甘みは残しつつも、味の奥ゆきとまろやかな旨味が深まります。さらに熟成香が増し、口に入れた時の芳香が広がります。

日本酒ケーキの開発にあたり

堀澤康明氏と矢部義信(龍名館)

創業から百十余年、旅館業とともに和食を続けてきた当社にとって日本酒は欠かせないものでした。和食店としてはもちろんのこと、昨今海外旅行者が増える中、日本酒の魅力を多くの方に知っていただきたいとの思いから人材育成の一環として、唎酒師の資格の取得もスタッフに促しております。
そんな折、御縁があり知人から堀澤氏をご紹介いただきました。職人の気品が漂う笑顔の素敵な方でした。光栄なことに我々の思いに共感いただき、この度日本酒ケーキを監修いただきました。
和食・日本料理は、洋食に比べ甘味の重要性の認知が低い印象がある中、お客様からの甘味に対する要望も感じており、さらなる取り組みの必要性を感じておりました。日本酒を誰もが親しみやすいスイーツとして提供することで、より多くのお客様に日本酒を楽しんで頂きたい。その思いを胸に堀澤様との龍名館オリジナル日本酒ケーキの開発を行わせていただきました。

株式会社龍名館
ホテルレストラン事業部
スーパーバイザー 矢部 義信

ご購入方法

販売は当サイト、または以下の龍名館グループ店舗にて直接お買い求めいただけます。
・ホテル龍名館お茶の水本店(東京都千代田区)
・ホテル龍名館東京(東京都中央区)
・RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU(東京都千代田区)
・花ごよみ東京(ホテル龍名館東京 15階)(東京都中央区)
・紺碧の海(東京都港区)