ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

女の子の健やかな健康と幸せを祈る行事です。「ひなあそび」とも呼ばれています。 女の子のいる家庭では雛人形を飾り、ちらし寿司や蛤等の縁起のいい食べ物を食べますね。 私は未だに雛祭りが近づいてくると「もうすぐちらし寿司が食べられる!」とわくわくします。ついつい御馳走に目が行ってしまいますが、雛人形にも親の願いが込められた行事なんだなと思うと、とても有り難く感謝しなければいけませんね!

ひな祭り

ひな祭りとはなに?

「ひな祭り」がいつ頃始まったのかは判然していないようです。
以前は和暦の3月3日(現在の4月頃)に行われていたそうですが、明治6年の改暦以後は一般的に新暦の3月3日に行なわれています。今も一部では引き続き旧暦3月3日に祝う地域や、新暦4月3日に祝う地域もあるそうです。旧暦では桃の花が咲く季節であるため「桃の節句」と呼ばれるようになりました。

さて、皆さんは「雛人形」がどうやって誕生したのかをご存知ですか?
ひな人形は、かつての「物忌みの行事」と「子どもたちの遊び」から生まれたのです。 古くから日本では、紙や草で作った人形(ひとがた)で自分の身体をなでて穢れを移し、川や海へ流していました。この物忌みの行事と、平安時代に宮中や貴族の女の子の間で紙の人形で遊ぶままごと「ひいな遊び」が室町時代に結びつきました。その結果、身代わりとなって厄から守ってくれる男女一対の紙の人形が誕生し、貴族の間で飾られるようになったのです。これがひな人形の原型と言われています。ちなみに「ひいな」とは「小さくてかわいいもの」という意味で、雛人形の名前に由来にもなりました。

ひな祭り

雛人形の飾り方

飾り方にも古典的なものや地域によって違いがあるそうです。例えば一段目の親王女雛・男雛を飾る際に関東では一般的に結婚式と同様右が女雛・左が男雛というように飾りますが、関西では逆に飾る地域もあるそうです。

論語に「天子南面」という言葉があるそうです。(『論語』とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物)これは、皇帝などの偉人は南に向いて座り、北面は臣従することを意味しています。また、南に向いたときに日の出の方角(東。つまり左手側)が上座で、日没の方向(西。つまり右手側)が下座とされています。

従って、上座には「男雛(お殿様)」、その右手側に「女雛(御姫様)」を飾ることが昔は当然でした。「左」は「右」より優れているという意味を持ち合せていたのです。 しかし、後になって「右に出る者はいない」「右腕になる」「右にならう」「左遷」など逆の意味の言葉も多く言われるようになりました。 国際儀礼に従って催された昭和天皇の即位の礼が大きなきっかけとなったそうで、現在では昔とは逆に男雛と女雛を飾ることになったようです。

ひな祭り

ひな祭りには何を食べるの?

ひな祭りの食べ物には大切な意味が込められています。 見た目にも美しい3色のひし餅。「赤」は桃の花を、「白」は雪を、「緑」は新緑をイメージしており、「雪が溶けて草が芽生え桃の花が咲く」という春の情景を表わしています。もともと着色には自然素材が用いられており、赤は解毒作用のあるクチナシの実が、白は血圧を下げるひしの実が、緑は厄除けの力があるよもぎが使われていましたそうです。
また、ひな祭りになると楽しみにしていたひなあられ。もともとは貴族が外でひな遊びをする際の携帯食として食べられていました。ひし餅をくだいて作っていたため、同じ3色が基本となっているわけです。

ひしもち

さらに、ひな祭りには、蛤がよく使われますが、これはどういった理由からなのでしょうか。一つの理由は、この時期は多くの貝類が美味しくなる季節だそうです。そのため、東京(江戸)では東京湾でとれた蛤を供える風習があったそうです。 そして、もう一つの理由は、昔から二枚貝が「女性」を表す比喩として使われており、中でも蛤はぴったりと貝殻が合わさり、他の貝殻とは合わない程なのだとか。
「互いに対になる貝を違えない」
この事から、蛤は「夫婦和合」の象徴とされ結婚式にも縁起物として出されているのですね。

江戸時代には「貝桶」という嫁入り道具があったのだそうです。その「貝桶」に、なんと1年分(360個=旧暦1年の日数))の蛤を入れ、真っ先に新郎の家に運んだという話も現代に伝わっています。
もちろん、大名家など身分の高い者達の場合だけかもしれませんが・・・。

いずれにせよ、昔はこのような願いを貝桶に込めて通年「夫婦和合」を祈っていたのですね。

ちなみに、京都ではひな祭りに「蜆(しじみ)の佃煮」を食べるそうです。これは琵琶湖(京都府の隣の滋賀県にある、面積、貯水量共に日本で最大の湖)が近くにあり、「瀬田蜆(せたしじみ)」が容易に手に入った事でこの貝を食べるようになったという言われもあるようです。

はまぐり

雛人形は遅くとも3月中旬までには片付けますが、よく片付けるのが遅れるとお嫁に行き遅れると言われますよね。これは「片付けがきちんとできないようでは良い奥さんにはなれない」という親から娘へのメッセージという説と、早く片付けるほど「娘が早く片付く(嫁に行く)」と願掛けにも似たいわれがあったからという説など諸説あります。 いずれにしてもひな人形を愛でるだけでなく、親が娘の幸せを祈って行う行事だと改めて認識し、親に感謝する機会にするのも良いかもしれませんね。

2015年3月1日