ホテル龍名館お茶の水本店

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

爽やかな季節になりましたね。鯉のぼりが風にそよぐ姿をみると、とても清々しい気持ちになります。今回は「端午の節句」について知った事を皆様にもお伝えしたいと思います。

ホテル龍名館お茶の水本店のかぶと

「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、「端午」は本来、月の始めの午(うま)の日のことを指すのですが、現在では新暦の5月5日を端午というように変わりました。 この日を端午とする風習は、中国で始まっており複数の言われがあります。その後、中国の行事が日本に広まり、平安時代には節会(せちえ)という宮中行事になり、菖蒲で屋根を葺いたり身体に付けたりし薬玉(くすだま)を飾ったりしたそうです。「くす玉」は端午の節供に欠かせない厄除けグッズで、当時は菖蒲や蓬の茎や葉で玉を編み、隙間を花や五色の糸で飾っていて、貴族の間で、季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事となりました。

端午の節供

早乙女のおまつり

もともと日本では、田植えの時期である5月に、「五月忌み」という日本古来の行事をしていました。昔から「田植え」は神聖な行事とされていて、田植えは「早乙女(若い清らかな女性のこと)がするもの」とし、田植えの前には、一定期間心身を清める「物忌み」をしていました。物忌みとは、「一定期間、不浄を避けて心身を清めること」をさします。やがて、ここに「端午の節供」が結びつき、早乙女は菖蒲や蓬で屋根を葺いた小屋に一晩こもり、菖蒲酒を飲んで穢れを祓い、神聖な存在になってから田植えに臨むようになったと言われています。つまり、当初は女性のための行事であり、女性にとっては堂々と休める嬉しい日でもあったといいます。 その後、鎌倉~江戸時代になり、日本では武士の力が強くなっていきます。武士の間で「菖蒲」が武を尚(たっとぶ)「尚武」や「勝負」に通じ、葉の形が刀に似ていることもあって、兜に菖蒲を飾ったり、流鏑馬(やぶさめ)をするようになり、次第に男の子のおまつりに変わってきました。そして江戸幕府によって五節供のひとつに定められ、男の子が強く逞しく成長して立身出世することを願う行事として定着していきました。

端午の節供

鯉のぼりと兜

端午の節句(こどもの日)に五月人形や鎧・兜を飾るという風習は、武家社会の風習が基になっているそうです。鎌倉・室町時代、梅雨前になると、外には旗幟(きし=旗とのぼり。旗印)や吹流しを立て座敷には鎧や兜、武具を飾っていました。梅雨になる前にそれぞれの手入れを行うため、また災いが外から入るのを防ぐために端午の節句に、武具類を外に飾ったという説もあります。 戦場で身を守ってくれる甲冑(鎧や兜)は、武家にとって、特に男子にとって、とても大事なものでした。これらの背景があり、端午の節句では、鎧兜は子どもに災いがふりかからず、無事に逞しく成長するようにとの願いを込めて飾られています。 鯉のぼりは、子供に力強く生きて欲しいという親の願いの象徴として、江戸時代から盛んに鯉のぼりをあげるようになったと言われています。 中国の故事に由来する「鯉の滝のぼり」はご存知でしょうか。黄河上流の竜門に泳ぎ登ることができた鯉だけが昇天して竜になると言われ、このことをもとに鯉のぼりがあげられるようになったそうです。

鯉のぼり

柏餅や粽

粽(ちまき)は中国から伝わったものに対して、柏餅は日本の食べ物です。柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていて、柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないことから、「子供が生まれるまでは親は死なない」、言い換えれば「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物になりました。

ちまきと柏餅

この様に端午の節句とは元々中国の風習が日本に伝わり、それが日本の風習と合わさった事で今のような形で祝われていると今回私自身も学びました。 皆様にとっても意味のある「端午の節句」でありますように。

2015年5月5日