ホテル龍名館お茶の水本店の外観

ホテル龍名館お茶の水本店

オンライン予約

宿泊人数: プランを検索 空室一覧
フッター
サインイン

100年以上、お茶の水の地で営業してきたホテル龍名館お茶の水本店に、「お茶」と「和食」をテーマにした「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」。日本茶の素晴らしさ、楽しみ方を伝えられる、「お茶のあるおもてなしの食風景」をお届けします。

日本茶

日本の伝統的な飲料であり、現代でも多くの人に親しまれている日本茶。近年、健康志向の高まりから世界中で愛飲されています。
しかし飲料の多様化や、ペットボトルの普及などの影響により、若い世代を中心に急須が無い家も最近では珍しくありません。
100年以上、このお茶の水で飲食店を営業してきた当社として、何か地域に貢献する場所でありたいという思いのもと、お茶の水の地名の由来でもある「お茶」をテーマにしたレストラン「1899 OCHANOMIZU」を創りました。
茶道とも煎茶道とも違う1899流のおもてなしで、日本茶の素晴らしさ、楽しみ方を伝えられる、「お茶のあるおもてなしの食風景」をお届けします。

大久保将史

料理長 大久保 将史(Masafumi Okubo)

埼玉県出身。武蔵野調理師専門学校卒業。
都内は六本木、上野、八重洲の日本料理、河豚専門店で修業し、その後㈱龍名館に入社。

2014年、東京都中央区の『花ごよみ東京』の料理長を務める。
同年8月1日、GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZUの立ち上げとともに料理長に就任。
「日本茶のあるおもてなしの食風景」を創り上げるため、従来の「お茶は飲み物」という概念とは一線を画した、新たな和食の在り方を模索している。店舗での真摯な料理作りに取り組む「料理長」と、オフタイムで見せるユーモアの溢れた「お茶目」な二つの顔を持つ。

1899 OCHANOMIZU では、飲むお茶を提供するのはもちろん、和食屋として「茶を食す」をコンセプトにお茶を使った新しい和食をご提供します。お茶に浸した「茶油」を使うなど、調理で使用する油から作ります。抹茶の原料である碾茶や、煎茶など、料理に合わせて選定し、「お茶のあるおもてなしの食風景」をご提供いたします。

[営業時間]

 ランチ    11:00~15:00
 カフェ    14:00~16:30
 ディナー   17:30~23:00(L.O.22:00)

以下の日時は、貸切、または店舗メンテナンスのため休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承の程お願い申し上げます。
>>2016年6月26日(日) カフェタイムを14時00分で閉店とさせていただきます。
>>2016年7月2日(土) 日中貸切営業のため17時30分のディナータイムより営業
>>2016年11月17日(木) ディナータイム貸切

お茶漬け

玉ねぎ焼き

抹茶豆腐サラダ

1899 OCHANOMIZU 公式WEBサイト